YZF-R6 Racing trailer

Moto

5ナンバーの軽自動車(アトレーワゴン)でもYZF-R6は積載できる備忘録。

開口部はギリギリ(クリアランスは1センチくらい)やけど、乗っけてしまえば車内の高さは十分余裕あり。

ただし、真っ直ぐやと長さがオーバーするので助手席(一番前にスライドさせて)に前輪を当てて、ぐいっと力技で後輪を右へスライドさせればOK。

あと、純正フェンダーは長いので多分無理、フェンダーレスキット必須、できれば裏ペタ推奨。

わいの場合は不安なのでラダーレールは2本、バイクを載せるラダーレールはセンターから少し右側にオフセット。

あんまり端に寄せると高さのクリアランスが足らないかもしれん。

あと、バックミラーは前方向に倒すかそのままで。

後ろに倒すと開口部の高さをオーバーしてしまった。

助手席側の後部座席は取り外し、段差を埋めるために樹脂製パレットをカットして設置。

パレットのカットは電動ノコギリがないと手作業ではかなりきつい。

後部座席の中心部にシャフト部分の出っ張りがあるので、前方(写真右側)を少し変則にカット。

これで無事にR6が積載可能、あとはタイダウンベルトで固定するだけ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました